Three.jsでWeb3D(WebGL) ~影を表示し影のエッジをぼかす

Three.jsで影を表示し影のエッジをぼかす(Three.js[r145]を使用)

マウス左ドラッグで回転、右ドラッグでカメラの移動、ホイールで拡大縮小できます。
スワイプで回転、画面に2本指を触れてなぞるとカメラの移動、ピンチイン/アウトで拡大縮小できます。

以下を行うとシャドーマップが有効になって、影を表示することができます

レンダラーでシャドー(影)マップを有効にする
renderer.shadowMap.enabled = true;
ライトの「影を落とす」設定を有効にする
ライト.castShadow=true;
メッシュの「影を落とす」設定を有効にする
メッシュ.castShadow=true;
メッシュの「落ちてきた影を表示する」設定を有効にする
メッシュ.receiveShadow=true;

影のエッジをぼかすには以下を行います

ライトで「影のエッジをぼかす」強さを設定する
ライト.shadow.radius=4;

ソースコード

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <meta charset="utf-8"/>
  <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0, minimum-scale=1.0, maximum-scale=1.0,user-scalable=yes">
  <script src="./js/three.min.js"></script>
  <script src="./js/OrbitControls.js"></script>
  <script>
    var scene,camera;
    var main = function () {
      //描画先canvasを取得して幅と高さ取得
      let can=document.getElementById('can');
      let w = parseInt(can.style.width);//幅取得
      let h = parseInt(can.style.height);//高さ取得

      //■シーン
      scene = new THREE.Scene();

      //■カメラ
      //THREE.PerspectiveCamera( 画角(度), アスペクト比, カメラに写る最短距離, カメラに写る最長距離 );
      camera = new THREE.PerspectiveCamera(20, w/h, 0.1, 10000);
      camera.position.set(-50, 100, 150);//カメラの位置を設定
      //camera.rotation.set(0,0,0);//カメラの角度を(0度,0度,0度)にする
      camera.lookAt(new THREE.Vector3(0, 0, 0));//カメラの向きを(0,0,0)座標にする
      scene.add(camera);//カメラをシーンに追加

      //■レンダラー
      renderer = new THREE.WebGLRenderer({canvas:can, antialias: true});//アンチエイリアス有効
      renderer.setSize(w, h);
      //シャドー(影)マップを有効にする
      renderer.shadowMap.enabled = true;
      renderer.setClearColor(0x000000, 1);//背景色を設定

      //■光源
      //環境光(すべての物体にすべての方向から与える光)光の当たらない部分でも真っ黒にならない
      var AmbientLight=new THREE.AmbientLight(0xffffff,0.4);
      scene.add( AmbientLight );//環境光をシーンに追加
      //スポットライト(色,強さ,距離,角度)
      const spotLight=new THREE.SpotLight(0xffffff, 2,1000,Math.PI/8);
      spotLight.position.set(100,400,300);
      spotLight.target.position.set(0,0,0);
      spotLight.castShadow=true;//影を表示可能にする
      spotLight.shadow.mapSize.width = 1024;  //デフォルト512で大きくすると影がきれいになる
      spotLight.shadow.mapSize.height = 1024; //デフォルト512で大きくすると影がきれいになる
      spotLight.shadow.radius=4;  //影のエッジをぼかす強さを設定する
      scene.add(spotLight);
      scene.add(spotLight.target);

      //■ランバートシェーディング材質(光源の影響を受ける光沢の無い材質)の作成
      let material=new THREE.MeshLambertMaterial({color:0x6699FF});

      //■直方体ジオメトリの作成(幅、高さ、奥行き)
      let boxGeometry=new THREE.BoxGeometry(40, 30, 20);

      //■直方体ジオメトリとランバートシェーディング材質からメッシュを作成する
      let mesh=new THREE.Mesh(boxGeometry, material);
      mesh.castShadow=true;   //影を他のメッシュに落とす
      scene.add(mesh);        //メッシュをシーンに追加

      //■平面ジオメトリの作成(幅、高さ)
      let planeGeometry=new THREE.PlaneGeometry(500,500);

      //■平面ジオメトリとランバートシェーディング材質からメッシュを作成する
      let planeMesh=new THREE.Mesh(planeGeometry, material);
      planeMesh.rotation.x=-Math.PI/2;//x軸で-90度回転
      planeMesh.position.set(0,-40,0);//座標移動
      planeMesh.receiveShadow=true;//落ちてきた影を表示する
      scene.add(planeMesh);

      //■オービットコントロールの作成(マウスの左右ボタンドラッグ、ホイール等でカメラが動くようになる)
      const controls = new THREE.OrbitControls(camera, renderer.domElement);
      controls.target.set(0,0,0);
      controls.update();
      renderLoop();
    }

    function renderLoop () {
      requestAnimationFrame(renderLoop);
      renderer.render(scene, camera);
    }
    window.addEventListener('DOMContentLoaded', main, false);
  </script>
</head>
<body>
  <canvas id="can" style="width:500px; height:300px;-ms-touch-action:none;touch-action:none;">
  </canvas>
</body>
</html>