Mam's WebSite
建築CGパース住宅CGパース

Mamの覚書Q&A検索

トップページMamの覚書Q&A検索Delphi(Excel)⇒Q&A


大項目:「 Delphi 」 - 中項目:「 Excel 」

「 Delphiからマイクロソフト社のエクセルを操作する方法 」

Delphiからマイクロソフト社のエクセルを操作する方法は?


回答

CreateOleObjectを使ってマイクロソフト社Excelを起動して操作します。
非表示のままで操作してエラーが発生すると、
非表示のままでExcelが起動したままになるので注意が必要です。
エクセルの操作はエクセルのオブジェクトの操作(エクセルのVBA)を知っている必要があります。
詳しくはExcelのヘルプを参照してください。

ソース

以下の例ではエクセルを起動してセルに値を入れて、エクセルを終了させます。
終了時に保存先するかどうか聞いてきます。
 
procedure TForm1.Button1Click(Sender: TObject);
var Excel,WB,WS:variant;
begin
  Excel := CreateOleObject('Excel.Application');
  //MS-EXCELを表示する
  Excel.Visible:= True;
  //ブックを追加
  WB:=Excel.Workbooks.Add;
  //1つめのシートを変数に設定
  WS:=WB.Sheets[1];
 
  //セルC1に値を入れる。
  WS.Cells[1,3].Value:='asdfsadf';
 
  //MS-Excelを終了する
  Excel.Quit;
end;


Mam's WebSite