Jw_cad 使い方(包絡コマンド)

トップページJw_cad 使い方(コマンドリファレンスマニュアル、逆引き、裏技)Jw_cad 使い方(作図(1)コマンド)⇒包絡コマンド

Jw_cad 使い方(包絡コマンド)

包絡コマンドは壁などのコーナーの包絡線処理を行うときに使います。

(例)[包絡]をクリック(又はメニューバーから[編集(E)]→[包絡処理(H)]をクリック)します。①あたりを左クリックし、②あたりを左クリックすると包絡処理されます。

以下は包絡処理されたところ

包絡処理はクリックされた位置によって包絡される位置が変わります。

以下は[2線][包絡]コマンド等を使って作成した平面図の例です。