Jw_cad 使い方(線コマンド)

トップページJw_cad 使い方(コマンドリファレンスマニュアル、逆引き、裏技)Jw_cad 使い方(作図(1)コマンド)⇒線コマンド

Jw_cad 使い方(線コマンド)


作図画面で引きたい線の始点、終点をクリックし、直線や矩形(長方形)を描きます。このとき、左クリックと右クリックで、以下の意味があります。

左クリックマウスの示している点の座標
右クリックマウス付近の線の交点や端点の座標
この左、右クリックの持つ意味は、座標を指定するときのJW-CADの共通ルールです。

このコマンドには[矩形]、[水平・垂直]、[傾き]、[寸法]、[15度毎]、[端点]、[矢印]、[寸法値]等がコントロールバーより条件設定できます。またこの条件は複数設定することも可能です。

にチェックを入ると、[矩形]コマンドと同じ動きになります。 始点と終点をクリックすると、長方形を描くことができます。 同時に[寸法]にX,Y方向サイズの数値を入力(例: 1000,500 )すると、そのサイズの長方形を描くことができます。 更に同時に[角度]に数値を入力(正の数が反時計周り)すると、その角度で回転した長方形を描くことができます。

にチェックをいれると水平線と垂直線を描くことができます。

に角度を入力(コンボボックスなので、[▼]をクリックして表示されるリストから寸法を選ぶか、 直接キーボードから入力)すると、水平に対して入力した角度で線を描くことができます。 正の数は反時計回りで、負の数は時計回りになります。また、同時に[水平・垂直]にチェックが入っていると、垂直線に対する角度と水平線に対する角度で入力できます。

に数値を入力(コンボボックスなので、[▼]をクリックして表示されるリストから寸法を選ぶか、 直接キーボードから入力)すると、その長さの線を描くことができます。 例えば[寸法]に 1000 を入力して、始点位置をクリックし、終点方向をクリックすると、長さ1000の線を描画できます。

にチェックを入れると15度ごとに線を描くことができるようになります。(0,15,30,45,60,75,90・・・の角度)

にチェックが入っていると、描く線の始点に●がつきます。 ボタンをクリックすると、になり更にクリックすると、に変化します。意味は以下の通りです。

始点のみに●をつける
終点のみに●をつける
始点と終点の両方に●をつける

にチェックが入っていると、描く線の始点に矢印がつきます。 ボタンをクリックすると、になり更にクリックすると、に変化します。意味は以下の通りです。

始点のみに矢印をつける
終点のみに矢印をつける
始点と終点の両方に矢印をつける

にチェックを入れると、線を描くと同時にその線の長さも描かれます。

にチェックを入れると線は描かれません。既にある線の端点を左クリックすることにより矢印が描かれます

例:以下のように線があるとします。[線]コマンドをクリックし、にチェックをいれます。次に線の端点①と②を左クリックします。

すると、以下のように線に矢印が描画されます。