Jw_cad 使い方(伸縮コマンド)

トップページJw_cad 使い方(コマンドリファレンスマニュアル、逆引き、裏技)Jw_cad 使い方(作図(1)コマンド)⇒伸縮コマンド

Jw_cad 使い方(伸縮コマンド)

線を伸ばしたり縮めたりするコマンドです。 最初に線を左クリックすると、伸ばしたり縮めたりできます。最初に線を右クリックすると、右クリックしたポイントで、1つの線を2つの線に分割します。

[伸縮]コマンドをクリック(又はツールバーの[編集(E)]→[伸縮(T)]をクリック)します。①線を左クリックし、②を左クリック(交点、端点の場合は右クリック)すると、線が縮みます。

[伸縮]コマンドをクリック(又はツールバーの[編集(E)]→[伸縮(T)]をクリック)します。①線を左クリックし、②を左クリック(交点、端点の場合は右クリック)すると、線が縮みます。

[伸縮]コマンドをクリック(又はツールバーの[編集(E)]→[伸縮(T)]をクリック)します。①線を左クリックし、②を左クリック(交点、端点の場合は右クリック)すると、線が伸びます。

[伸縮]コマンドをクリック(又はツールバーの[編集(E)]→[伸縮(T)]をクリック)します。①線を左クリックし、②を左クリック(交点、端点の場合は右クリック)すると、線が伸びます。

基準線を指示して伸縮させることも可能です。①の基準線を右ダブルクリックすると、選択されてピンク色表示になります。次に②③④を左クリックすると完成です。

最初に線を右クリックすると、1つの線が2つの線に分割されます。①を右クリックします。