Jw_cad 使い方(面取りコマンド)

トップページJw_cad 使い方(コマンドリファレンスマニュアル、逆引き、裏技)Jw_cad 使い方(作図(1)コマンド)⇒面取りコマンド

Jw_cad 使い方(面取りコマンド)

2本の線を左クリックするとコーナー処理をおこなって線を伸ばしたり縮めたりし、さらにそのコーナーに面取りを行うコマンドです。

また、面取りコマンドには[角面(辺寸法)][角面(面寸法)][丸面][L面][楕円面]等がコントロールバーより条件設定できます

の場合、に数値を入力して①と②をクリックすると、①②の線の交点から1000の位置で面取りを行います。

の場合、に数値を入力して①と②を左クリックすると、面取りした線の長さが1000になるように面取りされます。

の場合、に数値を入力して①と②を左クリックすると、①②の交点から半径1000の円を描くようにコーナー処理と面取りを行います。

の場合、に数値を入力して①と②を左クリックすると、コーナー処理されて、L型に面取りされます。

は線を右クリックして切断するばあいに使います。詳しくはコーナーコマンドの切断を参考にしてください。