Jw_cad 使い方(図形を反転させるには)

トップページJw_cad 使い方(コマンドリファレンスマニュアル、逆引き、裏技)Jw_cad 使い方(逆引きマニュアル)⇒図形を反転させるには

Jw_cad 使い方(図形を反転させるには)

例として以下のような図面を反転させます。

[移動]コマンドをクリック(又はツールバーの[編集]→[図形移動(I)]をクリック)します。

反転させたい図形を全て選択するために選択範囲をしていします。①あたりを左クリックし、②あたりを左クリック(選択範囲に文字が含まれる場合は右クリック)します。

選択範囲が赤い枠で表示され、選択図面がピンク色で表示されます。反転したい全ての図形が選択されていれば[選択確定]ボタンをクリックします。

[反転]ボタンをクリックします。

次に基準線を指定します。この例では①の線を左クリックします。(JW_CADでは線対称に反転する仕様になっていますので、垂直線に対して反転したい場合はあらかじめ基準となる垂直線を描いておく必要があります。)

以上で①の線を基準とした反転が完了しました。回転させたい場合は回転角に任意の数を入力して回転させてください。

更に道路を画面に水平に回転させたりする場合は「任意の線が画面に平行になるように全体を回転させるには」を参考にしてください。