無料フリーソフト ダウンロード

Mam WebCam QR Code Reader

~WebCam(USBカメラ、WEBカメラ)でQRコードを読み取る

Webカメラ(WebCam、USBカメラ)を接続、又は内臓したパソコンでQRコード、 UPC-A、UPC-E、EAN-8、EAN-13、Code39、Code93、Code128、ITF、Data Matrixの読み取りが出来る無料のフリーソフトです。


mam_webcam_qr_reader1104.zip(1406KB)ダウンロード
音声付き動画を撮影したい場合はフリーソフトMam WebCam Video
顔認識してスタンプ付き写真を撮影したい場合はフリーソフトMam WebCam Photo2
をご使用ください。
 
 
【バージョン履歴】
1.1.0.4 :読めない場合に時々関係ない文字が表示される不具合を解消
1.0.0.0 :初期バージョン

実行画面
 

DSPack 2.3.3を使用しています。
MOZILLA PUBLIC LICENSE version 1_1
https://github.com/amikey/dspack
ZXing.Delphiを使用しています。
### ZXing.Delphi
ZXing.Delphi is released under the Apache 2.0 license.
ZXing.Delphi can be found here:https://github.com/Spelt/ZXing.Delphi
A copy of the Apache 2.0 license can be found here: http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0

README.mdファイルによると
UPC-A、UPC-E、EAN-8、EAN-13、Code 39、Code 93、Code 128、ITF、QR Code、Data Matrix (Center images only)
に対応しているようです。

※QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です


Windows10(R)、Windows8(R)をお使いの場合

インターネットからダウンロードした実行ファイル(圧縮ファイルを解凍して生成された実行ファイルも)は全て実行時に警告されます。
  「WindowsによってPCが保護されました」
  Windows SmartScreenは認識されないアプリの起動を停止しました。このアプリを実行すると、PCに問題が起こる場合があります。
ダウンロードしたZIPファイルを解凍後、解凍先フォルダ内にある実行ファイル(.exeファイル)を右クリック⇒プロパティーを左クリック⇒「全般」タブの右下にある「ブロックの解除(K)」をクリックし、 「OK」ボタンをクリックします。
その後、実行ファイルをダブルクリックして起動すると警告表示されなくなります。
(怪しい実行ファイルは上記設定を行わないでください。あくまで自己責任でお願いします。)