Mam's WebSite
Delphiでお手軽プログラミング

トップページ⇒DSPackのインストール

DelphiにDirectShowが手軽に使えるDSPackをインストールする


DSPackのダウンロード

DSPackは以下URLからダウンロードできます。
[Clone or download]をクリックして、[Download Zip]をクリックすればダウンロードを開始します。
https://github.com/amikey/dspack


DSPackファイルの展開

ダウンロードした「dspack-master.zip」ファイルをを右クリックして「すべて展開」をクリックします。
ファイルを下のフォルダーに展開する(F:)で、
C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\19.0\lib
を指定して「展開」ボタンをクリックします。

DSPackのインストール(以下Delphi10.2を使っています)

Delphiを起動します。
「ファイル」⇒「プロジェクトを開く」から、
C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\19.0\lib\dspack-master\packages\DSPackDXE2.groupproj
ファイルを選択して開きます。




DSPackDXE2を右クリックし「すべてコンパイル」をクリックします。




エラーが表示されるので、OKをクリックします。




ソースコードのエラー箇所が表示されますが、エラーはこの行より4つ上の1844行です。




1844行目
Event, Param1, Param2: Integer;
を以下2行に修正します。
Event: Integer;
Param1, Param2: NativeInt;




もう一度DSPackDXE2を右クリックし「すべてコンパイル」をクリックします。




エラーにならずコンパイルできるので、OKボタンを押します。




DSPackDesign_DXE2.pblを右クリックして「インストール」をクリックします。




インストール完了のウィンドウが表示されるのでOKボタンをクリックします。




「すべて保存」をクリックします。




「ファイル」→「すべて閉じる」をクリックします。




「ツール」→「オプション」をクリックします。




「環境オプション」→「Delphiオプション」→ライブラリをクリックし、ライブラリパスの右にある「・・・」ボタンを押します。




下部のテキストボックスに
C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\19.0\lib\dspack-master\src\DSPack
を入力して、「追加」ボタンをクリックします。

以上でDSPackのインストールが完了しました。
ツールパレットの「DSPack」からコントロールを配置できます。

Mam's WebSite